結婚式を盛り上げる

披露宴などで利用されているプロフィールムービーは、新郎新婦の生い立ちなどを流すことで周囲にどのような人か把握してもらうことが出来ます。また、結婚式を盛り上げることも出来るので大切だといえます。

この記事の続きを読む

記念に残るもの

結婚式場でゲストを迎える際に使用されるものとして、ウェルカムボードが挙げられます。ウェルカムボードは自宅に飾ることが出来る他にも両親への贈り物としても利用することが出来ます。

この記事の続きを読む

プレゼントする

結婚式は両親への感謝を込めたものでもあり、プレゼントをする人も多いといえます。両親プレゼントをする場合、喜んでもらうことが出来るものを贈ることが大切になるので慎重に選ぶ必要があります。

この記事の続きを読む

招待状をつくる

結婚式場で幸せになる【三井ガーデンホテル千葉】

結婚式の日取りを決め、招待客を決めたら、できるだけ早く招待状の準備に取り掛かりましょう。招待状は遅くとも挙式の2ヶ月前には先方に届くように発送し、1ヶ月前には出欠の返事を受け取るようにします。また招待状と併せてスピーチや余興を依頼したい場合はその旨を書き添えます。 招待状は手作りすることもブライダル会社に作成を委託することも可能です。ほとんどのブライダル会社が結婚式の招待状作成のプランを持っており、多様なデザインの中からお気に入りのものを選択し、招待客の名簿と住所を渡すことで、招待状を作成することができます。 費用はどれだけの事務作業をブライダル会社に委託するかで変わります。作成から発送までを自身でやれば、費用はほとんどかかりませんが、全てをブライダル会社に委託すれば、1枚あたり350円から500円程度の値段となります。招待客の人数によっても値段は変わりますので、事前に確認することが重要です。

結婚式の招待状には挙式の日時や場所などの連絡に加えて、日頃の感謝の気持ちを伝え、新郎新婦の個性を出したいものです。一方であまりにも色々な情報を盛り込むと必要な情報が分かりづらくなるので注意が必要です。 最低限必要な情報に加えて、招待客の方々に手書きのメッセージなどを加えると、気持ちが伝わると同時に新郎新婦と招待客との間柄に沿った招待状とすることができます。 より個性を出したい人は、デザインにこだわってみるのも良いでしょう。新郎新婦の趣味や特技を反映したデザインとすれば、二人の人柄を招待客に伝えることができます。 重要なのは結婚式の日取りを伝える事務連絡と日頃の感謝の気持ちを同時に如何に上手く伝えるかです。シンプルかつ個性ある招待状でお客様を迎える準備としたいものです。

動画を作成するには自分でも出来ますがプロに任せればより盛り上がる動画が作れます。生い立ちムービーのプランは多数用意されています。

オススメリンク

  • LEGRANDMIRAGE

    周囲の人から素敵な結婚式だったと言われたい!浜松で結婚式場選びで迷っているカップルはここからとなっています。
  • KELLY WEDDING

    人気のある和婚のプランはここです。結婚式について考えているという場合に相談しておこう。丁寧にサポートをしてくれますよ。